FC2ブログ

聴いて見るブログ?!

ノージャンルの音楽ブログ、青春の80年代洋楽はじめ、J-POPからラテン系まで・・・好きな音楽紹介!

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

It's Mmaterial 【Driving Away From Home /1986年】

今日の紹介も≪買う予定だけどまだ買っていない物≫シリーズです。
【It's Mmaterial】の1thアルバム【Life's Hard & Then You Die】がDX化でリイシューされています。


私はこの【It's Mmaterial】もピーターバラカンさんのポッパーズMTVで紹介されたのが最初じゃないかな?
当時の印象は「いかにもUKらしい地味な曲だな~」でしたが、その後この曲が全英No1ヒットに!
これには当時ビックリした記憶があります。



しかしながらその地味さゆえ、その存在は知りながらリアルタイムではアルバムまで聴いていなかったのです。
ですがその翌年87年に、私の大好きな【The Christians】が登場。
ギャリー&ラッセル・クリスチャンのクリスチャン兄弟にヘンリー・プリーストマンが参加したバンドはソウルフルなヴォーカル&コーラスで大ヒットを飛ばします。
そのクリスチャンズのアルバムのほぼ全曲を書いていた人物が【Henry Priestman/ヘンリー・プリーストマン】なのですが
実は彼は【It's Mmaterial】の元メンバーで1thアルバムでも彼のソングライティングが収録されています。

クリスチャンズの1th、2thと聴き進めて行った結果、彼のソングライティングの巧さとその存在の大きさに気が付きます。
改めて調べてみたらあの【It's Mmaterial】に在籍していたと分かり、こちらのアルバムも気になったのですがその頃にはCDが入手困難になっちゃっていたため、現在まで未聴のままなのです。

動画で見る限りでも、UKらしい独特の雰囲気ですね。
いわゆるシンセ、打ち込みのNew Wave的な要素と、アコースティクでフォーキーな要素が独自のトーンを醸しだしていますね。
これはいかにもアルバム・アーティストを感じさせ、いま改めてアルバムを聴いたほうが私には馴染みそうな気がしています。

ちなみにバンドは【ヘンリー・プリーストマン】脱退から4年経っての90年にやっと2枚目のアルバム【Song】をリリースし、3枚目のアルバムも制作されたようですが未発売?のままで活動を休止したようです。
そして今回の再発がきっかけか分かりませんがオフィシャルのHPにて、幻の3thアルバム『House for Sale』がリリースされるようです。気になる方はチェックを!!
★【It's Immaterial】オフィシャル・サイト★




↓1thのDX盤      ↓2thのDX       ↓3th         ↓4th、オススメ!    ↓最新作


スポンサーサイト



INXS 【Original Sin /1984年】



“英米以外でヒットチャートを賑わせた曲を思い出すシリーズ”の第2弾です。
当時の洋楽チャートでは、やっぱり避けて通れない程の影響力があったバンドといえば“INXS”は外せないです。
中でも個人的な強烈な記憶に残っているのが、この曲でしょうね。
84年のアルバム【SWING】からのシングルだった“Original Sin”

このPVですよねー。
『なんでデコトラなのだろうか?』当時中学生だった私は激しく悩みましたが、
特に深い意味はなかったようですねw
この曲ではダリル・ホールのコーラス参加が話題になったり、
(言われなければ気が付かないレベルだけど)
ナイル・ロジャースのプロデュース参加でタイトなR&B寄りに仕上げていますね。
ここら辺のさじ加減はまさにブレイクへの計算された戦略的ステップに感じますね。

現実にもこのヒットを足掛かりにして
85年の黒さ増量中のシングル・ヒット “WHAT YOU NEED”で本格化、
アルバム【LISTEN LIKE THIEVES】で人気を確立します。
続く87年のアルバム【KICK】とNo1ヒットの“Need You Tonight ”では更にスケール・アップ。
時代に残るアルバムを残し、バンドの人気も頂点を極めました。

アルバム【KICK】はまさに名盤。
ただ今聞くとガッツン・ガッツンと攻撃的な音が凄いので多少疲れますが(私の年のせいw)、
当時はこの圧倒的な刺激の前にひれ伏した私です。
なんだろうなぁー。このアルバムは特に“振りきれてる感”が凄いんですよね。
そういう意味ではバランスが良いのは【LISTEN LIKE THIEVES】の方かもしれないですね。
まぁ、どっちも名盤という事で必聴ではあります。

いずれにしても“マイケル・ハッチェンス”のカリスマティックなカッコ良さにはまいりますね。
ロック・スターとして残念な人材を無くしてしまったと思います。









音楽(洋楽) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
にほんブログ村

 | ホーム | 

プロフィール

パンチョ

Author:パンチョ
様々なお気に入り音楽を気分に任せて上げていく予定です。
基本は青春の80年代洋楽が中心となりそうですが、その他聴いているものは自由に何でもありで進めます。
懐かしの動画やPVを探してきて貼ってみたり、買ったCDの報告やリイシュー情報なども。
ジャンルも時代もバラバラですが、素敵な一期一会となれば嬉しいです!

洋楽=83年~88年あたりが中心。
邦楽=いわゆる渋谷系~キリンジまでPOPなやつ。
細野さんティンパン関係の70年代ものなども。
ソウル&R&B=50年代~現代まで黒いやつ。ダンクラも。
JAZZ=ソウル・ジャズやホンカーのファンキーなの中心。
ワールド=サルサ中心に、各国のリズム探訪。
自称GUACOマニアなので、そこら辺も手厚く。

カテゴリ

伸び悩むカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR