FC2ブログ

聴いて見るブログ?!

ノージャンルの音楽ブログ、青春の80年代洋楽はじめ、J-POPからラテン系まで・・・好きな音楽紹介!

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

SONORA PALACIO 【Un cigarrito y un Cafe】



前回、GUACOの84年曲【Un cigarrito y un Cafe】の動画を探している時に、
こんなカバー・ヴァージョンを発見。
聴いて見たら結構面白かったので貼ってみます。
一聴して『コロンビアのクンビア・バンドか?』
と思いましたが、ネットで色々と検索してみますと・・・
どうやらチリのクンビア・バンドのようですね。

視聴できたアルバムではサルサ的なリズムやメレンゲなんかもありますが、
全てがクンビア的なアクセントが効いていて面白いですね。

我が家ではこのクンビア系の曲を表現する時は『このヘッポコ感がクンビアだよねー』という表現を使いますが、
別に悪い意味で使うのではなくあくまでリズムそのものが後乗りで独特のお尻に来る感じ・・・
この感じを『へっぽこ感』と言ってます。

GUACOのオリジナル音源に比べてあの切れ味はありませんが
これはこれで珍味です^^
私はこの【SONORA PALACIO】についてほとんど知識がなくて分かりませんが、
60年代から90年代初め頃までアルバムは出ていたようで、
古めのアルバムは動画に上がっているものも多いので、全盛期はかなり前なんでしょうね。
今回カバーされている曲は84年以降の80年代の録音かな?と思います。

↓GUACOカバー収録のアルバム。

スポンサーサイト



Thierry Fanfant 【 Be Green 】



カリブ関係の動画を見ていて、とても気になった曲です。
グアドループ島のベースマン、“ティエリー・ファンファン”さんです。
CDは聴いた事がないのですが、国内盤も出ているようなのでゲットしたいですね。
この曲【Be Green】は2005年のソロ・アルバム”Intimes”に収録されているようです。

マルチニーク、グアドループのフレンチ・カリビアンといえば、ここ日本で有名なのはやはり“マラヴォワ/Malavoi”でしょう。
私もMalavoiを中心に面白そうなCDを探していたりしますが、この曲は良いですね。
ヴァイヴとBassのユニゾンも良いですし、サポートの鍵盤も良い仕事してますね。
この曲に関して言えばカリビアン・JAZZフュージョンかな?

解説の情報によればアルバムは有名なゲスト参加もあり、
楽曲のスタイルもJAZZフュージョン一色という感じでは無さそうで、
マルチニークやグアドループの伝統的なリズムもシッカリ楽しめそうな感じです。
第一にこの曲のクオリティーなら、全体も安心して聴けることは容易に想像が付きます。
多分私の好みの1枚であろうと思います。


↓【Amazon解説を引用します】

カリブ海に浮かぶ“風の島=グァドループ”のベーシスト、待望のソロ・アルバム。縁の下の力持ちとして、ジャンルを超えて数多くのアルバムに参加。その数なんと400枚以上!

島の伝統音楽を、極上のクレオール(ハイブリッド)音楽に仕立て上げた彼の腕前は、まさに超一流!豪華ゲストも話題です。

・ラルフ・タマール(ヴォーカル) 言わずと知れたマラヴォワのリード歌手にしてフレンチ・カリブを代表する人気歌手。 ・トニー・シャスール(ヴォーカル) マルチニックの若大将。今、まさにのりにのっているアーティスト。サキヨのメンバーとして来日経験も。

・デデ・サン=プリ(ヴォーカル、フルート) マルチニックの偉大なミュージシャン。伝統音楽や民俗音楽を取り入れた独自のスタイルは欧米でも高く評価されている。

・リンレイ・マルト(ベース) モーリシャス出身でザヴィヌル・シンジケート、そしてマリオ・カノンジュのバンド・メンバーとしても来日。その比類なきテクニックに信奉者も多い。

その他トニー・シャスール(マルチニック)、ダヴィッド・ファクゥール(フランス)、レジス・ジザヴォ(マダガスカル)、ジャン=フィリップ・ファンファン(グァドループ)などなど多数参加しています。

アーティストについて
ティエリー(1964年生まれ)が生まれたファンファン家は、グァドループのみならず、フレンチ・カリビアン・ミュージックを代表する音楽一家としてその名を知らない人はいないといっても過言ではありません。お爺さんのロジェ・ファファンは、ヴァイオリン奏者として1930年代からアクレサンドル・ステリオらとともにビギンという音楽を演奏した偉大なミュージシャンの一人でした。

お父さんのギュイはもちろん、叔父さん達もみなミュージシャンという環境で育ったティエリーは14歳の時にベースの練習を始め、80年代後半には本格的な音楽活動と平行して、クラシック音楽やウッドベースなども学びました。そして作曲、プロデュース、編曲はもちろんのこと、ギターやパーカッション、そして歌もこなす正真正銘のマルチ・アーティストとして高い評価を集めることになります。それがジャンルを超えて400枚以上ものアルバムに参加するという結果になって表れています。

2005年に初のソロ・アルバムとなる”Intimes”を発表。そして今年2枚目のソロ・アルバム『シメ・ランムー』を発表します。ジャンベル、トゥンベレ、ビギン・ワバップ、タクタなどグァドループの様々なリズムが練り込まれ、ラテン音楽のスウィング感、クレオール音楽の洗練さ、そしてベーシストならではのグルーヴ感が溶け合った極上のカリビアン・ミュージックとなっています。




↓プレス版は廃盤も早いのでダウンロード購入もあり。




にほんブログ村 音楽ブログ ラテン音楽へ
にほんブログ村

ワールド・レゲエ ブログランキングへ

Tito Puente 【morning】

アルゼンチン負けちゃいましたね~。
メッシがあれだけ封じられたら仕方ないな。

でもMVPなんだよね。
・・・微妙だけどねー。
今大会は攻撃よりもGKも含めてディフェンス面で目に付くプレーが多かったよね。
逆に攻撃陣は皆ほどほどの仕事ぶりだったかな。
ドイツはチームとしての攻撃は評価が高いけど個人となると・・・。
一番印象に残ったアタッカーが“ネイマール”と“スイス・スアレス”かもしれないし?!
あっ、“ハメス・ロドリゲス”も居るぞ。

とりあえず、今大会は終了。
お祭りも終わって、明日からまた日常が始まります。
日本にとっても次の監督決定はターニングポイントになりそうな予感が。
日本には攻撃的なサッカーでワールドクラスとガチ勝負するには、まだまだ先が長そうだよね。
スペインやメキシコのようなパス・サッカーを目指すには個人のテクニックが相当問題ありですね。
正確にかつスピーディーに、ミスの少ないスキルを身に着けないと成果を出すのは難しい。
同時に日本人でワールドクラスのFW登場が待たれますね。
勝つためには当たり前だけど、対戦相手に即した戦術で挑むのがセオリー。
各上相手には当面は【しっかり守ってカウンター】が基本でしょ。


【TITO PUENTE Live at the Montreux】
さて、今日の動画は昨日の続きで“ホルヘ・ダルト”が参加したセッションを。
この動画は“マンボ・キング、ティト・プエンテ”の80年のモントルーライブ。
この時のキーボードが“ホルヘ・ダルト”なんですね。
このようにラテン・ジャズのセットでも良いプレイを聞かせていて、好きですね。
昔にVHSで出ていたハズなのだけど、この映像のDVDが出てるのかな?




動画は音が良くないので、音源のみの物も貼っておきます。




ワールドカップ期間中はなんだかんだで結構南米、ラテン関係をUPしてきましたので、
次は80年代洋楽に戻るかな~。

 ラテン・JAZZのティト・プエンテならこんなのおススメ 



マンボやラテン、サルサ系で楽しむなら、これがオススメ



にほんブログ村 音楽ブログ ラテン音楽へ
にほんブログ村

ワールド・レゲエ ブログランキングへ

Ruben Rada 【Rada & Malosetti - En Vivo】

前回ウルグアイの大御所【ルベン・ラダ】を取り上げました。
ラダおじさんの関連CDで、実は一番気に入っていて、聞く回数が多いのが今回紹介する
この2枚組のLive盤 【Rada & Malosetti - En Vivo】 なのです。
(Varsovia Rada-Malosetti [2009] というCDも存在していますが、抜粋1枚物のようです)

Rada_ghduL.jpg


通常のラダおじさんのソロアルバムは、それこそマット・ビアンコ?!というクオリティのラテン・ポップから、
ウルグアイのカンドンベ・ナンバー、のほかビートルズのカバーをやったり、ラテン的な甘いバラードもあったりでサービス満点!(過剰?!)
それはそれで楽しめているのですが、このBassプレイヤー【JAVIER MALOSETTI】さんとのコラボLive盤は、Drやキーボードを加えたJAZZセットに近い編成で楽しませてくれます。
ラダさんのMCやお客さんの反応など会場の雰囲気もしっかりと収められていて、2枚組もあっと言う間に聴き通してしまいます。
そんな訳で、気が付けば、ラダおじさんを聞くときにはこのCDを愛聴してる今日この頃です。

動画が2個見つかりましたので、これを見て気に入っていただけたら、なんとかLiveの2枚組CDをGETしてみてください。
長く付き合える1枚、自信をもっておススメできます。
どうせなら映像版のLive DVDを出してくれないかなー?





↓CDはマーケット・プレイスしかないようですね。



にほんブログ村 音楽ブログ ラテン音楽へ
にほんブログ村

ワールド・レゲエ ブログランキングへ

Ruben Rada - Encuentro en el Estudio

ワールドカップも残り少なくなってきました。
やっぱり南米開催は南米のチームが有利になりますね。
優勝はブラジルかアルゼンチンか??

私はウルグアイを応援してたのですが、『スアレスーっ噛むなよ~』
・・・。フォルランもピークは過ぎた感が…。
コロンビアに負けてしまいました。

こんな機会なのでウルグアイの大御所アーティストを紹介。
60年代からソロ活動のほか、伝説のバンド“TOTEM”や“エル・キント”など…
経歴やらディスコグラフィーなどは膨大なので、また次の機会にしてw
ザクッと動画を見てください。
コンガを叩きつつ歌ってるのが、ルベン・ラダさんです。
ウルグアイの伝統的なリズムである“カンドンベ”のビートに、ロックやソウル、JAZZ&Fusionもこなすベテラン・アーティストです。
この映像のセットではロック・フュージョン感が高いですね。
まぁ、それぐらいさまざまな音楽ジャンルをまたにかけて、常にウルグアイの音楽シーンを支えてきたおじさんです。

ベテランのおじさんが、大人の味わいで聞かせるかと思えばどっこい、
現代的なアプローチで古臭さなんて微塵もない演奏ですね。
ギターを弾いてるのは息子のハズで、ルベン・ラダの場合もブラジルのカエターノと同様に若い世代のエキスも上手に吸い込んで、常に前向きだから素晴らしいです。


動画は約1時間のドキュメント的な番組のようですがスペイン語だけなのでトーク理解できず…><
それでもスタジオ演奏シーンがばっちり入っていて楽しめます。
頭の1曲目からしてカッコ良すぎて、やられますねー。
これを見て、ウルグアイ音楽に興味を持っていただけると嬉しいなー^^




↓2013年     ↓おすすめの1枚    ↓2010年    ↓おすすめ2枚組Live  ↓2008年





↓この2枚は2014年発売CDなのですが、純粋新作なのか、編集盤なのか詳細不明><







にほんブログ村 音楽ブログ ラテン音楽へ
にほんブログ村

ワールド・レゲエ ブログランキングへ

 | ホーム |  »

プロフィール

パンチョ

Author:パンチョ
様々なお気に入り音楽を気分に任せて上げていく予定です。
基本は青春の80年代洋楽が中心となりそうですが、その他聴いているものは自由に何でもありで進めます。
懐かしの動画やPVを探してきて貼ってみたり、買ったCDの報告やリイシュー情報なども。
ジャンルも時代もバラバラですが、素敵な一期一会となれば嬉しいです!

洋楽=83年~88年あたりが中心。
邦楽=いわゆる渋谷系~キリンジまでPOPなやつ。
細野さんティンパン関係の70年代ものなども。
ソウル&R&B=50年代~現代まで黒いやつ。ダンクラも。
JAZZ=ソウル・ジャズやホンカーのファンキーなの中心。
ワールド=サルサ中心に、各国のリズム探訪。
自称GUACOマニアなので、そこら辺も手厚く。

カテゴリ

伸び悩むカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR