FC2ブログ

聴いて見るブログ?!

ノージャンルの音楽ブログ、青春の80年代洋楽はじめ、J-POPからラテン系まで・・・好きな音楽紹介!

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

Aretha Franklin & George Michael 【I Knew You Were Waiting (For Me) /1986年】



またまた買いたいCDの登場だ。
説明不要のソウル・ディーヴァ、アレサ・フランクリンの86年のアルバム【Aretha/ジャンピン・ジャック・フラッシュ】
今回はボートラ満載の2CD、Deluxe Editionでリイシューです。
(アレサクラスだともれなく国内盤もでるのね^^)

正直に言えば、このアルバムがメチャメチャ好きだったという訳ではないのですが、
このアルバムには捨てがたい魅力の“Rock-A-Lott”や“Jimmy Lee”が収録され、
映画サントラの先行シングル“ジャンピン・ジャック・フラッシュ”はストーンズのキース・リチャードが手掛けているという話題も。(出来はそのまんまで微笑ましいですがw)
更にはこのジョージ・マイケルとの豪華共演曲も収録という事で80年代のアレサとしては外せない1枚になります。

このシングルが出た86年の状況はジョージ・マイケルがワム!を解散させソロに転向、
そのソロ作品が発表されるまでの中間の期間で、まさに皆がその動向に注目し期待して待っていた時期での
突然の共演作ということもあり相当な話題となり全米No1のヒットとなりました。
このPVも中々良いですねー。
序盤はお互いにスクリーンとの衛星中継的な共演で、
そのまま終わるのかと思わせておきながら・・・途中から合流!

またこの曲「I Knew You Were Waiting (For Me) /愛のおとずれ」ですが、
私的にはもう一つポイントがありまして、この曲の楽曲提供が後にクライミー・フィッシャーとして活動する“サイモン・クライミー”の手によるものだったことです。
“クライミー・フィッシャー”はあのネイキッド・アイズを解散したロブ・フィッシャーとサイモン・クライミーのユニットという事でかなり気になる存在でもあり、また当時大好きだったポール・ヤングのシングル曲を、このコンビで提供したというニュースも入ってきていた時期で個人的には注目していたソングライターだったのです。

そんな個人的な関心事と思い出の詰まったアルバムなのですが、
今回のDX化にあたり、とうとう「I Knew You Were Waiting (For Me) /愛のおとずれ」の12”Mix類が収録されて安心しました。 というかこの12”音源が長らく未CD化の状態でしたので、この曲の12”Verが収録してあるだけで買いです。
その他にもアルバムからのシングル曲はほとんどのMix類がしっかり詰め込まれているので嬉しいですね。

★Aretha (2 CD Deluxe Edition)★
Disc: 1
1. Jimmy Lee
2. I Knew You Were Waiting - For Me (Duet with George Michael)
3. Do You Still Remember
4. Jumpin Jack Flash
5. Rock-A-Lott
6. An Angel Cries
7. He'll Come Along
8. If You Need My Love Tonight (Duet with Larry Graham)
9. Look to the Rainbow
10. Rock-A-Lott (Street Mix)
11. Rock-A-Lott (Single Mix)
12. Rock-A-Lott (Radio Edit)
13. Rock-A-Lott (DDub)
14. Rock-A-Lott (Acapella)
15. An Angel Cries (7" Mix)

Disc: 2
1. I Knew You Were Waiting - For Me (7" Mix Duet with George Michael)
2. I Knew You Were Waiting - For Me (Instrumental Duet with George Michael)
3. I Knew You Were Waiting - For Me (Edited Remix Duet with George Michael)
4. I Knew You Were Waiting - For Me (Percapella Duet with George Michael)
5. I Knew You Were Waiting - For Me (Extended Remix Duet with George Michael)
6. Jimmy Lee (Extended Version)
7. Jimmy Lee (Dub Version)
8. Jumpin Jack Flash (Street Mix)
9. Jumpin Jack Flash (Edited Street Mix)
10. Jumpin Jack Flash (Master Dub Mix)
11. Jumpin Jack Flash (Beat Dub Mix)
12. Jumpin Jack Flash (7" Mix)
13. Aretha Megamix


また同時に89年のアルバム【Through The Storm】も2CDのDX盤でリイシュー。
こちらには更に強力なJBとの共演“Gimme Your Love (Duet with James Brown)”
(この曲のリミックスにはPrinceの仕事があります)
他にも“Whitney Houston”や“Elton John”とのデュエットもあります。









音楽(洋楽) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Spandau Ballet 【 This Is The Love、Steal、Soul Boy/2014】

発売されたスパンダー・バレエのNEWベスト・アルバム“Story - Very Best of”
以前、このアルバムに収録された新曲の1曲“This Is The Love”を紹介しました。
今回は残りの新曲2曲の動画が見つかりましたので視聴してみました。







これで新曲の3曲は全て確認できました。
今回新たに確認できたStealなどは“Crushed Into Love”を彷彿させる良い仕上がりですね。

しかし私は今の所このCDを購入していません。
なぜなら国内版の限定盤に限り2CD+DVD仕様での発売となるようで、こちらを予約選択しようと決めました。
AMAZONさんでは海外盤の2CDが2000円、国内限定2CD+DVDが2500円ということで国内盤が良いかなと。
DVDはTrue等数曲のPVと新曲トレイラー映像が収録されているようです。

↓国内初回限定DVD付き  ↓海外2CD   ↓海外1CDなのに割高!?



ドキュメント映画の【Soul Boys of the Western World】も取り扱いが始まっていますね。




音楽(洋楽) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
にほんブログ村

田島貴男 【誘惑について】



今日も夜のお供に田島貴男!
珍しい曲の動画がUPされていたのでビックリ!!
最近の“ひとりソウルショウ”のスタイルで、
懐かしのピチカート・ファイヴ在籍時の“誘惑について”が聴けるとは感無量です。

しかしリアルタイムでリズムを1フレーズづつサンプリング&ループさせ、
徐々に音数を増やしつつグルーブを生み出す生ライブって凄いね。
そしてやっぱり決め手は、そこにソウルVo&Gが乗っかるのだからたまりませんねー。


↓田島在籍時のピチカートはこの3枚





にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

音楽(J-POP) ブログランキングへ

土岐麻子【STANDARDS in a sentimental mood 土岐麻子ジャズを歌う】

51toki355_.jpg


土岐麻子さんの鉄板シリーズ【Standards~土岐麻子ジャズを歌う】。
最新作の第4弾が11月19日に出るようです。

これまでもそうでしたが、今回もスタンダードあり、洋楽のJAZZカバーもありで楽しめそうです。
目玉は細野さんと夢のデュエット「Christmas In The City」が!
Red Hot Chili Peppersの「Californication」なんてのもカバーされていたりしてどんな出来なのでしょうか?!

収録曲目
【CD】
1. In a Sentimental Mood
2. Round Midnight
3. Stardust
4. Lady Traveler
5. Misty
6. The Look of Love
7. Californication
8. After Dark
9. Smile
10. Christmas in the City (Performed by 土岐麻子 & 細野晴臣)
11. Cheek to Cheek
全11曲収録

※ちなみに細野さん参加の曲、原曲を聴いたことが無かったので探してきました。

【Blossom Dearie - Christmas In the City】






土岐麻子 【ロマンチック】



この曲との出会いが土岐麻子さんを知るきっかけでした。

2005年のある日、何気なく邦楽のPVが流れる番組を見ていた時の事・・・

『むむっ、これはキリンジ絡み!?』

と私のキリンジ・センサーがビビッと反応。

後で調べてみて、やっぱりお兄ちゃん提供と確認して納得。

この曲は大好きで、お兄ちゃんの課外活動の中でも最高の部類じゃないでしょうか。

ホントに無駄のないアレンジが見事。

特にWキーボード使いが秀逸。

転がるピアノとエレピでのコードワーク&ソロの絡み合いが素敵ですね。


土岐麻子さんのアルバムも継続して聴いていますが、

個人的に好きなのを選べと言われると、フェイヴァリットは、この曲を含むアルバム【Debut】。

次に【Standard~土岐麻子ジャズを歌う】シリーズですかね。

その後の作品ではこれも名曲だと思う“How Beautiful”やキリンジの泰行さんとコラボの曲などを含む【Touch】がオススメ。

次点で【乱反射ガール】かな。

個人的にあまり過度にサウンド・アレンジされた物よりも、アコースティックでシンプルなのが好きなので、

見事にシンプルな作風の物が順番に並びます。

そしてこの曲を含むアルバム【Debut】は、ちょうど前作までのアコースティックなJAZZ風のアレンジと、

後のPOPアレンジの中間って感じで、非常にバランスが良いです。

地味だけど楽曲も良曲が揃っていて、結局このアルバムが聞いていて一番落ち着きます。


ただ土岐さんも人気が出たのが良かったのか、やたらと企画ものや編集物が乱発気味になり、ちょっと残念。

資生堂のCM曲で見た時は“おっ!”と期待した“Gift ~あなたはマドンナ~”も全編尺で聴くと、何だか消化不良。

リズムTRももう一つキッチリ乗りきれていない感じだし、キーボードもチープな仕上がりかと。

明らかに手軽に作って出してしまった感のある、とても残念に感じる楽曲も時々見受けられるし、

カバーアルバムも定期的に続くと、内容的に明らかに薄い物が目立ってきてる気がします。

まぁ、今は出せば売れる時期だという事でメーカーも必死なのでしょうね。

個人の好みの問題でもありますけど、期待値が高い分だけ勿体ない感がする訳ですけど。

もう少し落ち着いてからの土岐さんに期待しつつも、結局新しいのを買うのですが^^

そうは言っても、本人も周囲を固める演奏者なども実力者をそろえていて、キッチリ作れば、今の時代の最高のシティ・ポップが出来上がる事は立証済みなのです。

そして、今後の堀込兄との再びのコラボにも期待してしまいますね。

↓個人的にはコレ。


↓このシリーズも良いですよ。


↓1枚トータルで◎  ↓バラつきあるけど良いのは◎ ↓ベストだから◎&DVD付き



にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

音楽(J-POP) ブログランキングへ

KIRINJI 【進水式 /2014】



新生“Kirinji”
第一弾のPVを紹介していたと思っていたのですが、まだだったみたいです^^

タイトルもそのままに“進水式”。
新しい門出を告げる清々しいナンバーです。
まさにお兄ちゃんらしい仕上がりの楽曲ですね。

お兄ちゃんのVocalも何気に安定感が増していて、
ちょっとニンマリ。
弟の泰行さんも3枚目のアルバムあたりから、グッと声が出て安定し、
上手くなっていった事もありますので
今後更に良くなるのでは・・・? と期待しています。
(今でも十分に味のある歌声ですけどね^^)

キャプテンHORIGOME率いる新生Kirinji。
新たな航海の先に、どんな新大陸へ到達するのか?!

私も気持ちは船に乗りこんで。
いざ『bon voyage !!』







にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

音楽(J-POP) ブログランキングへ

 | ホーム | 

プロフィール

パンチョ

Author:パンチョ
様々なお気に入り音楽を気分に任せて上げていく予定です。
基本は青春の80年代洋楽が中心となりそうですが、その他聴いているものは自由に何でもありで進めます。
懐かしの動画やPVを探してきて貼ってみたり、買ったCDの報告やリイシュー情報なども。
ジャンルも時代もバラバラですが、素敵な一期一会となれば嬉しいです!

洋楽=83年~88年あたりが中心。
邦楽=いわゆる渋谷系~キリンジまでPOPなやつ。
細野さんティンパン関係の70年代ものなども。
ソウル&R&B=50年代~現代まで黒いやつ。ダンクラも。
JAZZ=ソウル・ジャズやホンカーのファンキーなの中心。
ワールド=サルサ中心に、各国のリズム探訪。
自称GUACOマニアなので、そこら辺も手厚く。

カテゴリ

伸び悩むカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR