FC2ブログ

聴いて見るブログ?!

ノージャンルの音楽ブログ、青春の80年代洋楽はじめ、J-POPからラテン系まで・・・好きな音楽紹介!

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

GUACO、11月3日、名古屋公演で満喫してまいりました!

前回のブログで出発報告をしてから・・・・
あっという間にグアコのJAPANツアーも11月17日の札幌をもって終了。
次の来日はいつになるのかなぁ????
死ぬまで待ち続けるぞー!

そして今年のラテングラミー
GUACOの【GUACO HISTRICO 2】が
「ベスト・コンテンポラリー・トロピカル・アルバム」賞を受賞!
このアルバムはダウンロード配信のみなのかな?



さて、今回の来日公演の個人的なご報告。

20年間待ちました!
ここ辺境の金沢でひっそりとGuaqueroを名乗りつつ
音源やら情報を探し続ける自称グアコ・マニアの私。
そしてとうとう夢にまで見たグアコが目の前に、
一緒に唄い! そして踊り!?
あぁ、もう最高に幸せな時間でした。

そしてなんと!
11月3日は運よく、リーダーのグスタボ・アグアドさんの誕生日でした。
私もハッピーバースデーを心を込めて唱和させていただきました(^^♪
現行メンバー最古参のメンバーでもあり、
GUACOには欠かせないオンリーワンな声であり、
進化し続けるグループの志そのものの存在。

そんなグスタボさんも今年の誕生日で68歳。
それでも20代のイケメンと並んで遜色ないキレキレのステップを踏んでるおじいさん!?
なんて素敵なんでしょうか(*´з`)
グスタボさんがフロントに居ないグアコなんて考えたくありません。私。

そして今回の日本公演、
とてもとても貴重な内容のプログラムになっていました。
正直、海外のツアーでは今ではやってないであろうと思われる曲も
この日本公演の為に組まれていたようです。

実は、帰宅後に月刊Latina誌にてGUACOのインタビューが掲載されていた事を知り、
慌てて購入して読みました。
今回の公演プログラムには日本でVenezuela音楽やGUACOを紹介し広めていただいていた石橋純さんの意向も反映されているようでした。
石橋純さんは、先のLatina誌などで90年代からVenezuela音楽について貴重な記事を多数書いておられたライターの方です。
私がGUACOを聴き始めた95年頃はインターネット環境も整っておらず、
私にとっては唯一の情報源だった石橋純さんの記事を必至で読み漁り、勉強したものでした。
本当にVene音楽やGUACOに関して私の【先生】でした。

また91年には国内盤で【グアコ/これがグアコだ!】をリリースする事に尽力されました。
このCDはオリジナルでは84年のアルバムで代表的なヒット曲である【UN CIGARRITO Y UN CAFE】や【ME GUSTAN LAS CARAQUEÑAS】を収録した絶頂期のアルバム【...ES GUACO】です。
実際、当時このアルバムでグアコの魅力にハマった人は多いはずで、もちろん私もその1人
このアルバムを国内盤で出した事は、日本でのGUACO人気を決定づけた1枚であったと言え、
今となっては偉大な功績と言っても過言では無いです。
日本以外では長らく廃盤&未CD化のVenezuela名盤アルバムが、ひっそりと日本でだけCD化していたのですよ!!
この事実だけでも日本のGUACOファンとして誇りに思います。


今回の来日公演のパンフレットの解説も石橋純さんで、
公演に合わせて組まれたBEST盤CD【グアコ ザ・ベスト】のライナーや対訳も石橋先生です。
日本における石橋純さんの存在の大きさを改めて感じる次第です。
日本でGUACOを聴ける幸せ・・・本当に感謝しかありませんね。


本題はここから!!
ライブは前後半の2部構成。
1部はGUACOのデビューから86年までの第1次黄金期をメドレーなども交えた歴史的なヒット曲で楽しみ。
2部は80年代中盤以降のより洗練とインターナショナルな感性をもって綴られる名曲から、
最新の現代GUACOの人気レパートリーまでで構成されました。

個人的には第1部のガイタ・スリアーナとガイタ・デ・タンボーラ/タンボレーラを守っている楽曲が最高!
こんなGUACOの演奏をを生で見ることができて本当に感動!!
ちょっと残念だったのは、この時期のヒット曲はメドレーになっていたり、
メドレーでないものも短めのショートヴァージョンで演奏されたり・・・
本当ならこの時期の楽曲をフル・サイズで満喫したかったのが本音ではあります。
(しつこいくらいのモントゥーノ繰り返しでw)

1部の中では1964年のデビューアルバムからの曲【Los Huecos】や【Maria La Bollera】の本物のガイタ・スリアーナが体験できました。
他は【UN CIGARRITO Y UN CAFE】や【ME GUSTAN LAS CARAQUEÑAS】の他にも絶対に外せない【Sentimiento National】。
メドレーになってしまった物売りシリーズ【El Billetero/宝くじ屋】【Pastelero/揚げパン屋】【Cepillao/かき氷】ももちろんのこと。
で、個人的に嬉しかったのはサルサの故チェオ・フェリシアーノさんが真っ先にGUACOをカバーしてくれた名曲【Noche Sensacional】。この曲はめちゃくちゃ好きな曲なので、今回聴けて感激です。

一方で2部の方は全ての曲がフルサイズの演奏になっていました。
2部のスタートは日本盤がCDで出ていたアルバム【マドゥーロ】の1曲目【Zapatero/靴屋】。
この曲も複雑で面白いリズムなんですよね、GUACOじゃなきゃやらなかったようなリズム・アンサンブルですね。
87年のレコードということでCDでは80年代的ドラムサウンドにキーボードが幅をきかせてきて、
軽めのPOPな曲に仕上がってるのですが、
それでも、この説明しにくいレゲエとガイタが混ざっちゃったリズムは癖になるのです。
この曲も【Nelsón Arrieta】のVoで聴きたいというのは欲張りですよね。

その後は90年代の第2期黄金期からの楽曲が続きます。
私個人のGAUCOとのリアルタイム感としてはこの時期から、【Todo quedo quedo】【Como es tan bella】も定番の人気曲ですね。
先に発売されたDVDでも演奏された【Me Vas llevando】はライブで映えるナンバー。
この第2黄金時期は【Jorge Luis Chacín】の楽曲があってこそ。
2部の中盤以の流れはここ数年の人気曲をたっぷりと演奏します。
【Baja】もPVのあのダンスが見れましたw
この時期の楽曲はある種普通のリズムなので、メンバーの『ミナサンオドリマショー!』の掛け声でお客さんもスタンディング。
ここら辺はノリノリで楽しめていましたね。
【Lo Eres todo】などは既にソロに転向してしまっている【Ronald Borjas】さんの歌声が染み付いていて、
今はメンバーとして参加していませんのでちょっと残念ではありました。
しかし来日直前に正式なメンバーとして新しく加わったVoの【Mark Melendez】も良かったですよ。
個人的にはその前にメンバーになってる【Diego Rojas】さんよりも好みの声質で今後の活躍が楽しみです。

今回のLive.
やっぱり気になっちゃったのは微妙な客層ですかね。
民音さんなのであの団体のおじさまおばさまが大勢入ってる会場なのでスタンディングで踊るにも一苦労でした。
昔私の地元で民音さんの南米物Liveに行った時は恐ろしいくらいに盛り上がらなかった事を経験していたので恐れていたのですが、それでもやっぱり名古屋という都会だけに機会も多くLive慣れしてるのか、それなりに楽しんで盛り上がっていたのである意味一安心はしましたが。
しかしGUACOのメンバーも誤解してないかちょっと不安ですね・・・
『日本でLiveやると若者が少なくて、年齢層が高いぞ!』とか。。。
(でも、私も完全にオジサン枠なんだけどね)
日本のLive会場が毎回このような客層だと思わないでいて欲しいですね。。。
もう少し若者に入って盛り上げて欲しかったなぁー、サルサ踊ってるお姉さんの集りも少ししか居なさそうだったし、
男女ともに若者をあまり見かけなかったのが残念でした。
他の会場はどうだったのだろうか?

あと開演の直前に会場のスタッフさんが客席に向けて見せた注意看板でコケました。
注意事項は・・・
・『演奏中は携帯電話の電源はお切りください!』・・・コレは常識ですよね。
・『演奏中はお静かに!』・・・えっ、唄って踊って盛り上がれないじゃんよー><

そして今回のLive.
私としてはちょっと特別な意味がありました。
今回は私のラテン姉弟でありソウル・メイトである姉と共に参加することが出来ました。
実は姉は現在闘病中でして、今回のGUACOも体調的に行けるかどうか直前まで不安なままだったのですが、
幸いにして特に大きな体調の変化も無く安定した状態でしたので、今回だけは無理を押して2人揃って参戦できたことが何よりの幸運でした。
子供の頃より私と共にずーっと(私より数年長く)ラテン音楽を愛して来た姉と過ごせた貴重な時間に感謝したいです。

あーあ、もう終わってしまったのですね~。
次の来日があるかな・・・。
聴き続けて、待ち続けるぞ(=゚ω゚)ノ

スポンサーサイト



Guaco 来日公演に出かけてきます!

皆様、おはようございます(^o^)/

無事に。。。とまでは行かないまでも、

何とか今日3日の名古屋公演に出かけることが出来ます。

朝6時からの出発になりますので、帰宅後にまた感想など更新したいと思います。

それではグアコに会いにいってきま~す(^^♪


 | ホーム | 

プロフィール

パンチョ

Author:パンチョ
様々なお気に入り音楽を気分に任せて上げていく予定です。
基本は青春の80年代洋楽が中心となりそうですが、その他聴いているものは自由に何でもありで進めます。
懐かしの動画やPVを探してきて貼ってみたり、買ったCDの報告やリイシュー情報なども。
ジャンルも時代もバラバラですが、素敵な一期一会となれば嬉しいです!

洋楽=83年~88年あたりが中心。
邦楽=いわゆる渋谷系~キリンジまでPOPなやつ。
細野さんティンパン関係の70年代ものなども。
ソウル&R&B=50年代~現代まで黒いやつ。ダンクラも。
JAZZ=ソウル・ジャズやホンカーのファンキーなの中心。
ワールド=サルサ中心に、各国のリズム探訪。
自称GUACOマニアなので、そこら辺も手厚く。

カテゴリ

伸び悩むカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR