FC2ブログ

聴いて見るブログ?!

ノージャンルの音楽ブログ、青春の80年代洋楽はじめ、J-POPからラテン系まで・・・好きな音楽紹介!

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tears For Fears 【Woman In Chains /1989】

先週日曜の外出。
伺ったお宅で予定外にノンビリしてしまって
最低限の仕事用の用事を済ますためにホームセンターと本屋に寄っただけで帰ってきました。
本屋では今まで読んでいなかった細野晴臣さんの【HOSONO百景】を発見。
これを買ってきましたが・・・まだ”前書き&あとがき”だけしか読んでません。
これはまた読み終わって機会があればネタにするかもしれません。

ブログでも書いてますがオーディオを一新しました。
そうすると改めて色々と鳴らしてみたいCDが出てきます。
ですが、そんな時にまず最初にチョイスするのが【ティアーズ・フォー・フィアーズ】の2th【シャウト/Songs From The Big Chair 】と3th【シーズ・オブ・ラヴ /The Seeds of Love】の2枚です。
この2枚はオーディオを気にするようになって以来、必ず音をチェックする時に聴いてきた2枚です。
家でのチェックはもちろん、オーディオ店での視聴用にも持って出て行ったりしてました。



特に【シーズ・オブ・ラヴ /The Seeds of Love】の中の1曲目【Woman In Chains】の広がりとスケール感、オリータ・アダムスの声の深み。フィル・コリンズのドラムやカートのベースにアルオペジオのギターフレーズが徐々に重なってまさに名曲ですね。
また【Year Of The Knife】でのドラムの処理などもまさに【ボブ・クレアマウンテン】の仕事ですね。
Pino ParadinoがBassを弾く【Bad Man's Song】は当時よくコンビを組んでいたマヌ・カッチェのシンバル・ワークが楽しめます。

もちろんシングル曲【Sowing The Seeds Of Love】【Advice For The Young At Heart】も含め、
個人的にはこのアルバムが1番好きですね。
世間的には2thの【シャウト/Songs From The Big Chair】が代表作として何度も再発を繰り返しているのに対して、
【シーズ・オブ・ラヴ /The Seeds of Love】はあまりに冷遇されてませんか?
今現在購入できるCDは2001年のリマスター盤だけでしょうね。
このアルバムも1th、2th同様に“DXエディション”として完全盤としてリリースされる事を今後に期待したいですね。

↓期間限定お買得盤  ↓2001リマスター


↓期間限定お得盤   ↓2CD仕様      ↓30th BOX     ↓Blu-ray Audio


↓国内盤        ↓2CD仕様      ↓Blu-ray Audio


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://8080music.blog.fc2.com/tb.php/107-1f7df8d0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

パンチョ

Author:パンチョ
様々なお気に入り音楽を気分に任せて上げていく予定です。
基本は青春の80年代洋楽が中心となりそうですが、その他聴いているものは自由に何でもありで進めます。
懐かしの動画やPVを探してきて貼ってみたり、買ったCDの報告やリイシュー情報なども。
ジャンルも時代もバラバラですが、素敵な一期一会となれば嬉しいです!

洋楽=83年~88年あたりが中心。
邦楽=いわゆる渋谷系~キリンジまでPOPなやつ。
細野さんティンパン関係の70年代ものなども。
ソウル&R&B=50年代~現代まで黒いやつ。ダンクラも。
JAZZ=ソウル・ジャズやホンカーのファンキーなの中心。
ワールド=サルサ中心に、各国のリズム探訪。
自称GUACOマニアなので、そこら辺も手厚く。

伸び悩むカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。