FC2ブログ

聴いて見るブログ?!

ノージャンルの音楽ブログ、青春の80年代洋楽はじめ、J-POPからラテン系まで・・・好きな音楽紹介!

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gerald Alston 【Slow Motion】

とても大好きなヴォーカリストで、実力も折り紙付き。
常に動向が気になっているのだけれど、
インディーからしかアルバムを出せないでいるのが悔しい。

もう1度、ちゃんとしたサウンド・プロダクションの元で
その実力をいかんなく発揮したアルバムを出して欲しい・・・
と願うばかりで、中々実現しません。

そんな大好きなヴォーカリストは、元マンハッタンズの“ジェラルド・アルストン”
90年のシングル曲の映像があったので貼ってみた。
・・・やはり、このVoは一級品であります。




『史上最高のヴォーカリストは誰か?!』と問われたら。
私の回答はズバリ『Sam Cooke』となるでしょう。
そのサムの後継者としての地位が最もふさわしいシンガーが、このジェラルドだと思っています。



2009年にはそのものズバリの【Gerald Alston Sings Sam Cooke】というカバーアルバムを出しました。
1曲カバーならまだしも、全曲サムのカバーとなると、それはそれはかなりの勇気が必要なハズなのですが、
やはり『この企画をソロで実現させるのは彼しか居ないよね!』と思った次第です。

で、もちろんCDを購入しました。
したのですが・・・・。
やはりVoは文句なく素晴らしいのです。
ですが、ですが・・・バックのトラックがショボイのです。
完璧なボーカルに対して、安っぽいキーボードのサウンドと平坦なリズム・トラックが
水を差していて台無しにしてしまうのでした。
曲によってはゲスト・プレイヤーが参加して一定水準まで押し上げる演奏もありますが、
トータルで作品としては残念な出来と感じました。
(あくまで私個人の感想ですよ。)

やはり80年代末~90年台にかけてのジェラルドのソロ・アルバムが素晴らしすぎるので、
その諸作と比較しちゃうからイケナイのかな。
“スタン・シェパード&ジミー・ヴァーナー”の【By All Means】コンビが制作にあたった3枚のソロ・アルバムは
どれもブラコン~クワイエット・ストーム系とでも言えるような、
かなり洗練されつつも、しっかりと歌心を携えた素晴らしいプロダクションの作品でした。

個人的には特に3枚目の“Always In The Mood”は上記の【By All Means組】の他にUKソウル系のアプローチがあったり、
また素直なゴスペル・ソウル直系の曲もあったりで、非常に濃密な90年代のソウル・アルバム名盤としてフェバリットな1枚です。
(ちなみにこのアルバムはUS版、日本版で収録曲が少し違うので両方探そう!)



そのジェラルド・アルストンの新しいCDが出ています。
タイトルは【True Gospel】。
とても気になっているのですが、先のサムのカバーアルバムの事もあり、
購入を躊躇してしまっています。
良い意味で期待を裏切られたいですが・・・どうかな?
ベテランのシンガーには“あるある”の展開ですが、ここ最近はゴスペルをメインに歌っているようですね。




関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://8080music.blog.fc2.com/tb.php/288-fad4b98f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

パンチョ

Author:パンチョ
様々なお気に入り音楽を気分に任せて上げていく予定です。
基本は青春の80年代洋楽が中心となりそうですが、その他聴いているものは自由に何でもありで進めます。
懐かしの動画やPVを探してきて貼ってみたり、買ったCDの報告やリイシュー情報なども。
ジャンルも時代もバラバラですが、素敵な一期一会となれば嬉しいです!

洋楽=83年~88年あたりが中心。
邦楽=いわゆる渋谷系~キリンジまでPOPなやつ。
細野さんティンパン関係の70年代ものなども。
ソウル&R&B=50年代~現代まで黒いやつ。ダンクラも。
JAZZ=ソウル・ジャズやホンカーのファンキーなの中心。
ワールド=サルサ中心に、各国のリズム探訪。
自称GUACOマニアなので、そこら辺も手厚く。

伸び悩むカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。