聴いて見るブログ?!

ノージャンルの音楽ブログ、青春の80年代洋楽はじめ、J-POPからラテン系まで・・・好きな音楽紹介!

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gene Rice 【You're Gonna Get Served /91年】



『実力があるのに、埋もれてしまっているシンガー!』シリーズ??
前回取り上げた“ジェラルド・アルストン”のアルバムを手掛けていた
“スタン・シェパード”が制作した同時期のアルバムで、
捨てがたい隠れ名盤をご紹介。

それがこのバリトン系ヴォーカルが印象的な“Gene Rice”さんです。
いわゆるテディ・ペンダーグラス系のセクシー&ワイルド系で、実際にレコードこそ残していませんが、テディペン脱退後のブルーノーツにVo参加したという経歴情報も。
またアルバムではある意味納得の“バリー・ホワイト”のカバー曲『I'm Gonna Love You Just A Little Bit More』なんかも有りします。
元々はゴスペルのファミリー・グループ『THE RICES』で歌っていたようで実力もあり、このVoiceも中々に魅力的です。

こちらもオーソドックスなバラードですが、なかなかにエロいですw


“Stan Sheppard”の都会的アーバン・メロウなアレンジは相性が良かったようですね。
92年の2thアルバムではこのほかにも“Chuckii Booker”や“Eddie Levert”など人気制作陣も迎えております。
残念ながらこの2枚のアルバムしか残せていないようなのですが、
今はどうしているのでしょうか?
勿体ないですね~。

現在CDは廃盤扱いのようですが、当時は国内盤も出ており、中古は安く手に入りますので
90年代の良質Vocal物として聴いて損無しの良盤です。





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://8080music.blog.fc2.com/tb.php/290-cd927c0b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

パンチョ

Author:パンチョ
様々なお気に入り音楽を気分に任せて上げていく予定です。
基本は青春の80年代洋楽が中心となりそうですが、その他聴いているものは自由に何でもありで進めます。
懐かしの動画やPVを探してきて貼ってみたり、買ったCDの報告やリイシュー情報なども。
ジャンルも時代もバラバラですが、素敵な一期一会となれば嬉しいです!

洋楽=83年~88年あたりが中心。
邦楽=いわゆる渋谷系~キリンジまでPOPなやつ。
細野さんティンパン関係の70年代ものなども。
ソウル&R&B=50年代~現代まで黒いやつ。ダンクラも。
JAZZ=ソウル・ジャズやホンカーのファンキーなの中心。
ワールド=サルサ中心に、各国のリズム探訪。
自称GUACOマニアなので、そこら辺も手厚く。

伸び悩むカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。