FC2ブログ

聴いて見るブログ?!

ノージャンルの音楽ブログ、青春の80年代洋楽はじめ、J-POPからラテン系まで・・・好きな音楽紹介!

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUACO  【Un cigarrito y un Cafe /1984年】



昨日に引き続き、GUACOのお宝映像第2弾。
日本でも国内盤が出たおかげで認知度が高い、84年のメガヒット。
この映像では弦も1人増え、83年の映像に比べて総勢19人に増えてます。
もちろん歌うは 【Amilcar Boscan/アミルカル・ボスカン】です。

やはりアルバムでも84年作の方が完成度高いです。
本当にこの盤が国内盤CDでリリースがあった事は快挙!
このCDのおかげで今の私が存在する次第ですから^^
探せばまだ国内盤CD【これがグアコだ!】の中古は比較的お安く入手できますので、
サルサ好きな方は勿論、GUACOやガイタ、Venezuela音楽に興味のある方も
是非ともお聴きいただきたい名盤です。

ただ、個人的にはCD帯の『カリブのお調子者シリーズ』って歌いがちょっと・・・
当たってないことも無いけど、上辺だけの軽い音楽とあしらわれてしまいそうで、やはり気になります。
まぁグアコに限らず、【ラテン音楽=軽いだけの軽薄な音楽】ってイメージがあるのも事実。
マーケティング的にはそうなのでしょうが・・・
サルサやラテン音楽をちゃんと聴いてもらえれば、その歴史的な影の部分や、
その音楽の奥深さも理解してもらえるのだろうけど・・・。
一言で言えばやっぱりこれらは【南米における Blues Music】なんですけどね。
米国で言う “Jump Blues”や“Soul Jazz”、“New Orleans音楽”なんかは直で親戚関係だよね。
・・・・・・・・。
サルサもマンボもサンバも一緒にされてる日本では、ここが課題であることは明白なんですが。

そういえばこの曲に関してはGUACOの後発ベスト盤などで再録Versionが存在しないのですよね。
GUACOの代表曲として真っ先に上がりそうな曲なのになぜ?


↓オリジナル音源。


↓快挙!国内盤84年作CD。



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://8080music.blog.fc2.com/tb.php/376-d5e1ec02

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

パンチョ

Author:パンチョ
様々なお気に入り音楽を気分に任せて上げていく予定です。
基本は青春の80年代洋楽が中心となりそうですが、その他聴いているものは自由に何でもありで進めます。
懐かしの動画やPVを探してきて貼ってみたり、買ったCDの報告やリイシュー情報なども。
ジャンルも時代もバラバラですが、素敵な一期一会となれば嬉しいです!

洋楽=83年~88年あたりが中心。
邦楽=いわゆる渋谷系~キリンジまでPOPなやつ。
細野さんティンパン関係の70年代ものなども。
ソウル&R&B=50年代~現代まで黒いやつ。ダンクラも。
JAZZ=ソウル・ジャズやホンカーのファンキーなの中心。
ワールド=サルサ中心に、各国のリズム探訪。
自称GUACOマニアなので、そこら辺も手厚く。

伸び悩むカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。