FC2ブログ

聴いて見るブログ?!

ノージャンルの音楽ブログ、青春の80年代洋楽はじめ、J-POPからラテン系まで・・・好きな音楽紹介!

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Patty Smyth 【Never Enough /1987年】

前回に引き続き【パティ・スマイス/Patty Smyth】の続編です。

Scandalを解散し、ソロキャリアをスタートするパティ、その最初のシングル曲が87年の【Never Enough】です。
私の1番好きな楽曲とPVはこれですね!
今聴いても胸躍るスカッとするPVです(^^♪



この曲、このサウンド・・・聴いてピンとくる人もいるのではないかと思います。
この曲のソングライティングには【Eric Bazilian と Rob Hyman】・・・
そしてプロデュースは【リック・チャートフ&ウィリアム・ウィットマン】のコンビです。
そうです【Hooters】とそのアルバム【Nervous Night】です。
つまりレーベル・メイトだった【フーターズ】がこのソロ・デビューアルバムに大きく関与しています。

そうすると透けて見えてくるのは、あのモンスター・アルバムですね。
そうですシンディ・ローパーのデビューアルバム【She's So Unusual】です。
こちらのアルバムもフーターズが楽曲提供、バンドが演奏でサポートし、プロデュースは【リック・チャートフ&ウィリアム・ウィットマン】で大成功を収めた実績があります。
これは会社としてはシンディ・ローパーの大ヒットを確実に意識したものだったのではないかと推測されますがどうだったのでしょうか?
もちろん85年のフーターズの1thアルバム【Nervous Night】で【パティ・スマイス】は【Where Do The Children Go】にヴォーカルで参加していたという経緯もありますので、そこから繋がっているともいえます。

そんな経緯を置いておいても、この相性は抜群で彼女のパワフルで溌剌としたヴォーカルをサポートするアレンジで聴かせます。
しかししかし【Never Enough】のシングルが61位止まり、アルバムも66位と結果が振るわなかったのが残念でなりません。
同アルバムからはトム・ウェイツのカバー"Downtown Train"もシングルとして小ヒット。
私はこのアルバムが大好きなので、こっちのリマスター盤を期待しているのですが、いまだ実現せず。
【パティ・スマイス】名義のベスト盤は何種類か存在していますが何故だか【Never Enough】だけが未収録のケースが多く、冷遇されています。
(唯一の収録ベストは下の右側の物ですが95年の未リマスター10曲物で選択しにくいですね。)



彼女がソロデビューに入る直前、あの【ヴァン・ヘイレン】が抜けたデイヴの後任ヴォーカルとして彼女にオファーをだしていたという話もあります。結果的にソロを準備していたパティが断ったそうですが、実現していたら・・・どうだったのか興味がありますね!
この逸話からも分かるように、ルックスも良く、あれだけパワフルに歌いこなせる女性ヴォーカルとしての実力はかなり評価されていて注目を集めていたはずなのですが、結果的にシンディ・ローパーのように大きな成功を掴むことが出来なかったのが残念です。

1992年の2thソロアルバム【Patty Smyth】からはドン・ヘンリーとのデュエット【Sometimes Love Just Ain't Enough】が全米2位の大ヒットを記録しますが、その後はやっぱり続きませんでした。
このアルバムはB・SpringsteenのEストリート・バンドのKey奏者ロイ・ビタンがプロデユースしたアルバムでしたが、
私には没個性なサウンドに感じてしまい物足りなく感じました。
一般的にはスマートな大人のロック・アルバムとして十分な出来だったかもしれませんが・・・。


その後は音楽活動から離れていた時期もあったようで、
その間には元プロ・テニス・プレイヤーの【ジョン・マッケンロー】と再婚したりしたようです。
2000年代に入りScandalを復活させLiveなど音楽活動を再開しているようです。
2015年には久しぶりのクリスマス・アルバム『Come on December』をリリース。
下の動画を見てもしっかり歌えていて、『パワフル・ロック・おばちゃん』健在。
まだまだ頑張ってほしいですね。

 2016年のお姿です。


↓2015、クリスマス・アルバム  ↓配信版


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

Patty Smythだったのか

80年代Hooters追いかけていて、女性ヴォーカルで
彼ららしい音があったよなとずっと思っていたのですが
Patty Smythでしたか

Stevie Nicksも好きですがPatty Smyth
聴きたくなりましたv-291


Stevie

Re: Patty Smythだったのか

Patty Smyth のソロ・アルバム『NEVER ENOUGH』は
『あのサウンド』に仕上がっていますのでHooters好きには気に入ってもらえると思います。
CDは国内盤の中古なら探せば適度な値段でも見つかると思うのですが、
元のCDはあまり音は良くないので、できればリマスターに期待したいです。

Scandal時代込みのBEST盤は数がありますが、
収録内容に不足がありますので悩ましいところです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://8080music.blog.fc2.com/tb.php/414-0f1c627a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

パンチョ

Author:パンチョ
様々なお気に入り音楽を気分に任せて上げていく予定です。
基本は青春の80年代洋楽が中心となりそうですが、その他聴いているものは自由に何でもありで進めます。
懐かしの動画やPVを探してきて貼ってみたり、買ったCDの報告やリイシュー情報なども。
ジャンルも時代もバラバラですが、素敵な一期一会となれば嬉しいです!

洋楽=83年~88年あたりが中心。
邦楽=いわゆる渋谷系~キリンジまでPOPなやつ。
細野さんティンパン関係の70年代ものなども。
ソウル&R&B=50年代~現代まで黒いやつ。ダンクラも。
JAZZ=ソウル・ジャズやホンカーのファンキーなの中心。
ワールド=サルサ中心に、各国のリズム探訪。
自称GUACOマニアなので、そこら辺も手厚く。

伸び悩むカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。