聴いて見るブログ?!

ノージャンルの音楽ブログ、青春の80年代洋楽はじめ、J-POPからラテン系まで・・・好きな音楽紹介!

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leyona 、臼井ミトン 「忘れちゃうよ」 PV & Liveヴァージョン

暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
毎年の事ですが、私はエアコン無しの部屋でかなりへばってますw
そんな部屋なのでPCもメールチェックなど最小限にして、そそくさと逃げ出す日々であります。
そうこうしてる間に7月もあと僅かなんですね。

そして今夜は、今更なのですが・・・
昨年の8月に出ていた【Leyona】さんのアルバム【わすれちゃうよ】からのPVを発見しましたので見てみました。
この1年前の最新アルバムを私はまだ聴いていないのですが、機会を作りちゃんと聴きたいと思っています。
このPV曲は同郷の奥田民生さん提供曲だそうです。





私はLeyonaさんの声がとても好きです。
やはり彼女は“シンガーソングライター”というよりも“ヴォーカリスト”としての資質が高いように思います。
そのハスキーでソウルフル、でも歌い込み過ぎない風通しの良さもあり、また熱いソウルも歌い込めるほどの実力も有ります。
女性ヴォーカルとしては相当の実力者であることはその歌声から理解していただけると信じます。

また様々なアーティストとの共演やコラボが非常に多い歌い手さんでもあります。
その多くのアーティストが彼女の歌声の魅力や実力を認め、その様々な楽曲に対する対応力や実力ゆえの共演/コラボなのでしょう。

しかしながら彼女名義のアルバムは、多くがアルバム毎、楽曲毎に、共演されたアーティストやバックアップしたアーティストの影響が色濃く出てしまっていて今一つ彼女の音楽の方向性が定まっていないように見えてしまいます。
これだけの実力がありながら、そこまで一般的な評価が認知/得られていない事実はそこら辺に理由があるような気がしています。
その事実は言い換えれば、いかに様々な音楽のスタイルにも柔軟に対応できるセンスを持ち合わせているという事を意味していますが、言いようによってはいわゆる “器用貧乏” な印象を与えてしまっているのかもしれません。

今回のアルバムはスタイルの近いタイプのSSWである【臼井ミトン】さんがアルバムをプロデュースしているようです。
そして楽曲の提供者も先のPVの奥田民生さんを始め、仲井戸Chabo麗市、吾妻光義(スウィンギンバッパーズ)、福島康之(バンバンバザール)、岡本定義などバラエティになっており、そこに臼井ミトンさん提供曲とLeyonaのオリジナル1曲が加わる内容のようです。

更に臼井ミトンさんとのデュオ・スタイルの映像がありました。
上記PV曲を含む3曲を2人で演奏していますが、こっちの方が私は好きです。





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://8080music.blog.fc2.com/tb.php/439-808a9cb6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

パンチョ

Author:パンチョ
様々なお気に入り音楽を気分に任せて上げていく予定です。
基本は青春の80年代洋楽が中心となりそうですが、その他聴いているものは自由に何でもありで進めます。
懐かしの動画やPVを探してきて貼ってみたり、買ったCDの報告やリイシュー情報なども。
ジャンルも時代もバラバラですが、素敵な一期一会となれば嬉しいです!

洋楽=83年~88年あたりが中心。
邦楽=いわゆる渋谷系~キリンジまでPOPなやつ。
細野さんティンパン関係の70年代ものなども。
ソウル&R&B=50年代~現代まで黒いやつ。ダンクラも。
JAZZ=ソウル・ジャズやホンカーのファンキーなの中心。
ワールド=サルサ中心に、各国のリズム探訪。
自称GUACOマニアなので、そこら辺も手厚く。

伸び悩むカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。