FC2ブログ

聴いて見るブログ?!

ノージャンルの音楽ブログ、青春の80年代洋楽はじめ、J-POPからラテン系まで・・・好きな音楽紹介!

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

外科手術と初回抗癌剤 【姉について⑤】

どうにもならない程進行した状態で乳癌が発覚し、最初の治療は「家に帰るにも抗癌剤治療を行うにも、とにかく歩けるようになりましょう」という所からスタートしました。
なので最初は癌病棟ではなく外科の病棟に入り左腕と左足の癌化した骨を取り除きその部分をセメントで埋める。また肩から肘までと大腿骨から膝までにプレートを埋めて補強する手術をおこないました。
術後はリハビリを行い杖などを使いながらでも歩けて日常生活が送れるようになる事ができれば帰宅し通院での抗癌剤治療が行えるようになることが目標でした。
その当時の思い出としては姉も言っていましたが「とにかく暑かった!」
病室は大部屋/6人部屋でしたがエアコンが窓際に設置してあるのですが、姉のベッドは反対の通路側で通常部屋の入り口は解放したままになっているので常に外気が入ります。
しかも個々のベッド・スペースはカーテンで囲まれて仕切られているのでエアコンの恩恵を受けられるのは窓際のベッドだけみたいな状況でした。
毎日のlineでもとにかく「暑い!」のオンパレードで、冷たい飲み物やアイスなどを補給するのが私の日課、最重要課題です。
私も土日は昼頃から病院に行っていましたが、やはり暑くてとても部屋にはいられず毎回車椅子に乗せて部屋から避難していました。
姉の入っていた病院には新館と旧館があり、新館内にセブンイレブンが出来た関係で元々あった旧館地下のレストランスペースが誰も居ない絶好の休憩スペースになる事をたまたま発見し(たまに看護師さんが給湯室的に入ってくるぐらい)、毎週末は午後から夕食が始まる18時頃までそこのソファーを貸し切り状態でおやつ食べたりiPadなんか見ながら過ごしていました。

また幸運にもリハビリの先生(女性)も良い面白い先生だったらしく、リハビリも楽しく積極的に出来ていたようです。
サルサ聞きながら部屋の隅でコッソリステップ踏んでリハビリもしてたみたい。
とにかく暑くて1日も早く帰宅したかったのが本音でリハビリ頑張ってたみたいです。
またこのリハビリの先生には大変にお世話になりました。
実際に退院して通院治療の期間はリハビリはほとんど行っていませんでしたが、最後の最後2019年の入院時には体力筋力の低下によるリハビリが毎日午後から30分程度日課となりました。
この時も最初の時と同じ女性の先生が見てくれており姉が喜んでいました。
リハビリしながら何気ない普通の雑談したり、2人でピンクレディー踊ってみたり、姉も毎日その先生が来るのを楽しみにしていました。
日々辛くなっていく闘病でしたが一時の安らぎになっていたみたいです。

8月に入り、リハビリも無事にこなして帰宅の目途が立ちました。
病棟も癌病棟に移り、様々な検査を受け初回の抗癌剤を投与しました。
幸にも危惧された大きな副作用も出ず、お盆開けての19日には無事に退院して自宅から通いでの抗癌剤治療となりました。
退院の際に私と父は主治医の先生に「姉は無事に年を越せるのでしょうか?」と聞きましたが、答えは「わかりません」でした。
「抗癌剤がどの程度効果があるかによります。」「帰宅して何か異常があったらすぐに電話をして遠慮せず来てくださいね。」と言われました。

本人はどう思っていたのか?
どこまで理解していたのか?
でも私は無事に姉が家に帰ってこれた事に喜び、これからどうなるのか?、どうするのか?不安もありましたが、気持ちは「やるだけの事は可能な範囲でやってみよう」と思い家に迎えました。
事実、姉ともこれからの事、これからの過ごし方について2人で相談しました。
私は「無理はできないけど、可能な範囲でやるだけの事はやるつもりだよ」と伝えました。
姉も「私も出来なくなってしまったことが沢山あるので、迷惑をかけるけどお任せします」
既に癌闘病中の「父親は色々無理があるので、そこもあんたお願いね」と。
これからは二人三脚でやれるだけやると決めて闘病に向かう事となりました。

またその頃には以前に私が問題にしていた異臭の問題もほとんどなくなっていました。
抗生物質の塗薬を処置し、ガーゼの上からいわゆる女性用の生理用品を貼ることで出血でも不安もあまりなくなりました。
ただしその範囲は時間とともに広がっていっているようで体調次第では出血も多かったり少なかったりするようでした。
姉はやはり「髪が抜ける恐怖」と「副作用」を気にしていました。
実際に髪が抜け始めたのは3回目の抗癌剤が終ったあたりですので10月11月あたりから徐々に抜けていった感じでしたね。
年明けの2月頃には裾の部分を残してかなり減りました。私に見つからない風呂場で1人で泣いていたみたいです。
ちょうどその頃には通院用外出用のウイッグを買ったような気がします。
ただ一般的な副作用に関しては、姉の場合は全般的に軽い方であったようです。
抗癌剤投与時には執拗に吐き気止めが出されたりしますが、そのような厳しい吐き気もほとんど無かったです。
何回かの抗癌剤のダメージが蓄積してきた年明け頃から、抗癌剤投与の3日後あかりから発熱、体のだるさと関節の痛みなどが出ていましたが、それも2,3日で収まるような感じでしたので投与から1週間は体調としては良くない感じでしたが、次の抗癌剤投与までの後の2週間は比較的に良好で過ごせるというスケジュールでした。
姉に関して言えば、最後の2019年まで総じて抗癌剤の副作用は幸にも危惧されたほどキツくなかったようで家族としても助かりましたした。

次回は「無理せずやれるだけやっていこう!」という、
その内容について具体的に書いてみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://8080music.blog.fc2.com/tb.php/453-49864189

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

パンチョ

Author:パンチョ
様々なお気に入り音楽を気分に任せて上げていく予定です。
基本は青春の80年代洋楽が中心となりそうですが、その他聴いているものは自由に何でもありで進めます。
懐かしの動画やPVを探してきて貼ってみたり、買ったCDの報告やリイシュー情報なども。
ジャンルも時代もバラバラですが、素敵な一期一会となれば嬉しいです!

洋楽=83年~88年あたりが中心。
邦楽=いわゆる渋谷系~キリンジまでPOPなやつ。
細野さんティンパン関係の70年代ものなども。
ソウル&R&B=50年代~現代まで黒いやつ。ダンクラも。
JAZZ=ソウル・ジャズやホンカーのファンキーなの中心。
ワールド=サルサ中心に、各国のリズム探訪。
自称GUACOマニアなので、そこら辺も手厚く。

カテゴリ

伸び悩むカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR