FC2ブログ

聴いて見るブログ?!

ノージャンルの音楽ブログ、青春の80年代洋楽はじめ、J-POPからラテン系まで・・・好きな音楽紹介!

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

David Lee Roth - Just a Gigolo/I Ain't Got Nobody

前回はブラックエンターテイメントの真髄を見ることができる映画を紹介しました。
そこで今日は80年代の音楽界において本物のエンターティナー振りを発揮したこのPVを。

Dave lee_

ご存知『ヴァン・ヘイレン』のヴォーカリスト『デイブ・リー・ロス』
大ヒットしたバンドのモンスターアルバム『1984』を受けてのソロアルバムでもあり、非常に注目を集めました。
85年のソロ・ミニ・アルバム『クレイジー・フロム・ザ・ヒート』からの2枚目のシングルカット曲です。

PVには『マイケル・ジャンクソン』をはじめ、当時の人気スター『シンディーローパー』『ボーイ・ジョージ』などのそっくりさんも登場し、ハチャメチャに楽しいビデオになってます。
ストーリー仕立ての構成や、デイブを含めた登場人物のコミカルな演技、
そしてお約束のナイスバディのお姉ちゃんなど・・・、デイヴ色全開!
このPVなどはいかにもあの時代、80年代のMTV時代を象徴するような作品ではないでしょうか。



私もこの曲とPVが大好きで、デイヴのこのミニ・アルバムも相当聴きました。
少し前に取り上げた『ハニー・ドリッパーズ』のミニ・アルバムも、参加メンバーの個人の音楽ルーツに正直に、そして真剣に遊び込んだアルバムとして非常に意味のあるものだったと思いますが、
こちらのアルバムもバンドのアルバム以上に“デイヴらしい”アルバムなんじゃないかと思ったりします。


この曲のオリジナルはジャズ・シンガーでトランペッターで作曲家でもある『Louis Prima/ルイ・プリマ』がオリジナルです。
下にこちらの音源も貼ってみましたので、オリジナルの音源とデイヴのヴァージョンを聴いて比べてみましょう。

なんとまぁ、デイヴのカバーも驚くほど源曲に忠実に再現しているのに気が付きます。
普通カバーを作るとなると自分の色を出し加えて行きたくなるのものなのでしょうが、
そんな事はどこ吹く風で、原曲の持つファンキーでエンターテイメント性を
見事に再現しているように感じますね。
そもそも、この『ルイ・プリマ』さんもサービス精神旺盛な、かなりのエンターティナー振りが、この歌声からもうかがえますよね^^
デイブも、そんな所に共感してカバーしたのかな?
しかもこの動画の絵も音楽にマッチしていて、これも良いですね~。





↓お買い得だよ!   ↓ベスト盤にも収録! ↓祝!復帰!    ↓オリジナルだぜ~




音楽(洋楽) ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

思春期真っ盛りだったので、このアルバムからのPVは大興奮でした(笑)

ハニー・ドリッパーズと、このアルバムって発売時期も含め、かぶっていますよね。ハニー・ドリッパーズはCD持ってるんですが、不思議とデイブの、このアルバムは持ってないんですよね。

Re: タイトルなし

私も思春期でしたねー(笑)デイブの1th“Crifolnia Girls”のPVもお姉ちゃんが・・・
そしてヴァン・ヘイレンの“Hot For Teacher”も強烈でしたね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://8080music.blog.fc2.com/tb.php/59-d9d4e588

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

パンチョ

Author:パンチョ
様々なお気に入り音楽を気分に任せて上げていく予定です。
基本は青春の80年代洋楽が中心となりそうですが、その他聴いているものは自由に何でもありで進めます。
懐かしの動画やPVを探してきて貼ってみたり、買ったCDの報告やリイシュー情報なども。
ジャンルも時代もバラバラですが、素敵な一期一会となれば嬉しいです!

洋楽=83年~88年あたりが中心。
邦楽=いわゆる渋谷系~キリンジまでPOPなやつ。
細野さんティンパン関係の70年代ものなども。
ソウル&R&B=50年代~現代まで黒いやつ。ダンクラも。
JAZZ=ソウル・ジャズやホンカーのファンキーなの中心。
ワールド=サルサ中心に、各国のリズム探訪。
自称GUACOマニアなので、そこら辺も手厚く。

カテゴリ

伸び悩むカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR